スポンサーリンク

株式会社TOKIOをつくったのはなぜ?【大人の事情】がある!

エンタメ

TOKIOは2020年7月22日、来年3月の長瀬智也の退所&グループ脱退と「株式会社TOKIO」というジャニーズの子会社設立を発表しました。

株式会社TOKIOは城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏の3人さんで設立するそうです。

しかしどうしてSMAPのようにグループ解散でなく、株式会社TOKIOを設立することになったのでしょうか?

理由について調べてみました。

スポンサーリンク

株式会社TOKIO【設立理由】なぜ?

山口達也さんが暴行事件からの退所。

そして今回長瀬智也さんが退所。

ここで株式会社TOKIOを設立した理由は以下の3つがあると考えられます。

株式会社TOKIOを設立した3つの理由を詳しく紹介していきます。

①株式会社TOKIOはTOKIOの名前を残すため

これは3人が株式会社TOKIO設立の会見で話されたことです。

「ジャニーさんが残してくれたTOKIOの名前をどうしても残したい、その一点で3人で考えて会社にしてはどうか」

ということになったそうです。

本来なら長瀬智也さんが辞めるとTOKIO自体の解散が見えていたわけです。

前代未聞の内容ですが、国分さんがジャニーズ側にプレゼンをして受け入れられました。

この背景にはSMAPのようになりたくないという思いがあったと想像できます。

SMAPという名前はジャニーズ事務所が権利を持っているので、解散してしまうとあれだけ何年もやってきていても、もうSMAPと名乗ることができないんですよね。

草なぎさん稲垣さん香取さんが「新しい地図」を名乗らなければならない理由がありますし、持ち歌も自由に歌えないんですね。

TOKIOの名前の商標権がジャニーズ事務所にあるので残すためにも、株式会社TOKIOの設立に至ったと考えられます。

この発想は「頭がいい」と称賛の声が上がっています。

またSMAPファンからは「株式会社SMAPをつくって欲しい!」という悲願の声もTwitterでつぶやかれていました。

②株式会社TOKIOは山口達也を復帰させるため

株式会社TOKIO設立で不所持で退所した、山口達也さんの復帰があるかととりざたされています。

松岡さんはNEWS ポストセブンの取材で以下のように話しています。

「もちろん山口にも会社設立のことは話しましたよ。僕は昨日30分喋っていますから。本人もすごく応援したいと言っていますし、彼も彼なりに一生懸命頑張っていくと言っていました。今は何を頑張ればいいか具体的に彼自身が決めることですけども、彼はとっても元気にしています」

https://www.news-postseven.com/archives/20200723_1580940.html?DETAIL

と、メンバーと山口さんとの関係性は良好なことが伺われます。

株式会社TOKIOにして、まずは会社内で裏方的なポストから初めて、いつか復帰もありうるのではないでしょうか。

その時は株式会社TOKIOとなっているので退所した長瀬智也さんも含めて再結成コンサートなどもやりやすいと考えられます。

③新しいビジネス戦略を視野に入れているため

Ulrike LeoneによるPixabayからの画像

年齢を重ね経験を積んだTOKIOのメンバーはジャニーズ事務所内の芸能関係の仕事には既にあきたらなくなっていることが考えられます。

会見では、福島県産の木からの名刺作りや、企業と協同でスマートフォン用のアプリややイベント事業やキャンプ場のプロデュースやアンテナショップを開くなどと今後の株式会社TOKIOのビジネス戦略について述べられました。

「音楽は趣味になると思う」との発言もあり、株式会社TOKIOを立ち上げた3人は音楽や俳優としての活動よりもビジネス的な方向を目指しているようですね。

誰かブレーンとなる方がいるのかもしれませんね。

インターネットなどの普及でテレビやCDといった従来型の芸能活動を続けていくことには将来がないと、新しい方向性を3人は考えていると思います。

長瀬智也さんは、逆にビジネスよりも音楽活動や高い評価を受けている俳優としての活動主軸を置きたいと思っているので、今回退所して3人とは別の方向性をとることなったと考えられます。

スポンサーリンク

株式会社TOKIOについてのネットの声は?

株式会社TOKIOは農業事業や地域事業などが期待されているようですね。

単なる解散や退所でファンを寂しい気持ちにさせるのではなく、子会社設立→実質的なのれんわけという、ジャニーズ事務所にとって前代未聞の方向性でこれからが楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

株式会社TOKIOを作った3つの理由についての記事でした。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました