スポンサーリンク

スーパーフレアで人類滅亡するってホント?京大のスーパーフレア研究

科学
Image by skeeze from Pixabay

2020年7月21日までに京大などの研究チームが地球から16光年離れた恒星で「スーパーフレア」の高度な観測に成功したと発表しました。

この「スーパーフレア」というもの、もしかして太陽でも起こりそうすると人類が滅亡するような大惨事になるかもしれないということです。

スーパーフレアが太陽で起こるとどうなるのか?人類滅亡するのか?などについて調べてみました。

スポンサーリンク

スーパーフレアが太陽で起こると人類滅亡する?

Image by skeeze from Pixabay

もしスーパーフレアが太陽で起こると人類が滅亡する可能性はあります。

少なくとも地球上で甚大な被害が起こることは想定されています。

スーパーフレアとは太陽で起こる大爆発現象です。

太陽では「太陽フレア」という爆発現象が起こっていて、太陽の活動が活発な時に黒点の付近で起こります。

この太陽フレアでも、水素爆弾の万から億の威力があります。大規模な太陽フレアが起こった場合でも地球では甚大な被害が起こると予想だれいます。

スーパーフレアはこの太陽フレアの100倍から1000倍のエネルギーを出す大爆発です。

スーパーフレアは生まれたての星に起こるもので、誕生から46億年もたつ太陽ではおこらないとされていました。

しかし最近の研究ではスーパーフレアが他の恒星で起こっていることが発見され、スーパーフレアは太陽でも起こるる可能性があることがわかってきました。

スーパーフレアの頻度は数千年に一度と予想され、少なくとも過去450年間には起こっていません。しかし近い内に起こらないとも限りません。

スーパーフレアが起こった場合どうなるか?

もしスーパーフレアが今起こったとしたら以下のようなことが起こると予想されています。

  • 人工衛星が故障
  • 停電
  • 大規模な通信障害
  • ITシステム崩壊
  • 飛行機に乗っていると放射線障害
  • オーロラが発生

素人考えでは、スーパーフレアが起こると太陽から炎がでて直接焼き尽くされるとか、放射線で死ぬとか思ってしまいますがそういうわけではなさそうです。

磁気嵐が起こり私達の生活を支えている、電気やITインフラやがやられてしまうということです。

全地球規模で電気や通信が全部使えなくなってしまうと恐ろしいことですね。

スーパーフレアは文明社会の弱いところをついてくる大災害になると予測されています。

スポンサーリンク

過去に起こった太陽フレア

Image by steveowst from Pixabay

1859年の太陽フレア

史上最大の太陽フレアは1859年に発生しています。

別名「キャリトン・イベント」と呼ばれています。

記録上最大の磁気嵐が発生して、ハワイやカリブ海など全世界でオーロラが観測されました。

オーロラが明るすぎて、夜なのに朝と勘違いする人も出るほどでした。

当時使われていた電報のシステムが止まり、電信用の鉄塔が火花を放ち、電報用紙が勝手に燃えたそうです。

もし、この時と同じような太陽フレアが現在起こったとしたら200兆円の損害が起こると資産されています。

1989年3月の太陽フレア

1859年よりはずっと規模が小さいです。

オーロラが発生してテキサスやフロリダでも見えました。冷戦中だったので核攻撃と思った人もイたようです。

カナダのケベック州を直撃。電力システムが壊れ、9時間の停電。

復旧に数ヶ月かかりました。

スポンサーリンク

スーパーフレアで人類滅亡をあつかった映画

スーパーフレアでの人類滅亡を題材にした映画は「ノウイング」です。

2009年のアメリカ映画で、ニコラス・ケイジ主演。

ノウイング プレミアム・エディション [DVD]
ノウイング プレミアム・エディション
スポンサーリンク

スーパーフレアと人類滅亡について書かれた本

太陽 大異変 (朝日新書)
Amazon.co.jp: 太陽 大異変 (朝日新書) eBook: 柴田 一成: Kindleストア

京都大学大学院理学研究科付属天文台長の柴田一成教授の著書。

スーパーフレアが地球を襲う日についてドキュメンタリータッチで描いています。

太陽物理学の権威でスーパーフレアについて「Nature」に論文を発表した柴田教授が、スーパーフレアについて一般人にもわかりやす書いた新書です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました